家づくり講座 南向きと北向きのメリットとデメリット編

土地は南向きが絶対良いと思っておられる方も多いかと思います。

しかし、必ずしもそうとは言い切れない部分があります。
ここでは北向きの土地と比較しながら、メリットとデメリットを説明していきます。

それでは始めていきましょう!

cont3-img1

南向きのメリット

南道路なので、日当たりが確保できる。

日当たりにより南面の室内が明るく、冬でも暖かい。

南向きのデメリット

南向きは人気なので、価格が高い。

日当たりにより、夏は室内の気温が高くなる。

庭やベランダが道路側になるので、プライバシーが確保されにくい。

cont3-img2

北向きのメリット

庭が建物の裏側に配置されやすいので、プライバシーが確保される。

玄関が南側に配置されないので、南面にリビングやダイニングのスペースが広く確保できる。

一般的に北向きは価格が低い。

北向きのデメリット

日当たりが十分に確保されにくい。

日当たりが良くないので、冬は室内の気温が低くなる。

十分な日当たりが確保されないので、室内が暗くなりやすい。

漠然と「南向きが良い」だけはやめましょう

それぞれのメリット・デメリットを挙げてきました。

知っていただきたいのは、土地選びをする方の価値観次第で、南向きが必ずしも良いとは限らないということです。

例えば、プライバシーや価格を重視される方であれば南向きが良いとは限らず、逆に北向きのほうが適しているかもしれこともあるでしょう。
始めからから「南向き」の前提で土地探しをしてしまうと、選択肢が大幅に狭まってしまいます。

また、北向きのデメリットである「日当たり」という部分は、周辺の状況で確保出来る場合もありますし、注文住宅であれば建物のつくりかたで大幅に改善出来ることもあります。

それぞれのメリットとデメリットを土地探しの優先順位と合わせて、総合的に判断していくことが重要になります。

サイエンスホーム名取
渡邊総建 創業の想い
失敗しない家づくりのコツ 家づくり講座

私達、渡邊総建は宮城・福島をメインに新築やリフォームをさせていただいている完全注文住宅の工務店です。

宮城県にある小規模な工務店ですが、大手のハウスメーカーやビルダーに負けないコストパフォーマンスと丁寧な施工をさせていただきます。
当社は、設計から建てた後のアフター管理まで一括で管理しておりますので、建てて終わりという事は一切ありません。
渡邊総建が安心した家づくりをさせていただきます。

【対応地域】

宮城県全域(仙台市各エリア(青葉区、宮城野区など各区)、名取市、岩沼市、塩釜市、石巻市、黒川郡、宮城郡利府町、宮城郡七ヶ浜町など)
福島県一部地域(詳細な対応エリアはお問い合わせ下さい。)

お問い合わせはこちらから

Copyright© 2013 watanabe souken co.,ltd. All Rights Reserved.