家づくり講座 工務店とハウスメーカーの違い編

皆様が家づくりをご検討された時、住宅会社選びが重要なポイントになると思います。

工務店とハウスメーカーの違いを知っておくことで、それぞれのご家族にあった住宅選びが出来ると思います。

ここでは、それぞれのポイントを比較して違いを説明していきます。

それでは始めていきましょう!

規模

工務店

一般的に工務店は地域密着型。
広範囲のエリアで施工はせず、地域を絞り展開しています。
会社自体の規模は小さく、社員数も少ないところが多いです。

ハウスメーカー

広範囲の施工エリアで展開しており、工務店より会社としての規模は大きい。
そのため、品質などとは別のネームバリューによる安心感があります。

価格

工務店

工務店の多くは下請けを使わず直接施工するので、余分なマージンがカット出来ます。
その他、ハウスメーカーより余計な経費が掛からない分、住宅価格は自然と低価格になります。

ハウスメーカー

ハウスメーカーの住宅価格には、実際の工事費とは別に、広告宣伝費、展示場費用、多くの人件費などが跳ね返ってきます。
施工は下請けの業者へ委託するため、そこに掛かる費用まで住宅価格に含まれます。
経費が多く掛かる分、住宅価格は高価格となってしまいます。

施工

工務店

施工も依頼した工務店が行う場合が多いので、建築中の融通が利きやすい、直接現場の管理が出来るので安心出来るなどの利点があります。

ハウスメーカー

施工は基本的に下請け業者に依頼するので、融通は利きにくい。
下請け業者の管理が出来ていないと、欠陥などの問題が生じる可能性があります。

竣工までの期間

工務店

ほとんどの工務店が自由設計なので、打ち合わせや決め事が多く、着工まである程度の期間を要します。
工期も、現場での作業がハウスメーカーに比べると多いため、竣工までの期間はやや長めというところです。

ハウスメーカー

ハウスメーカーは商品が企画化されているため、打ち合わせなども選んでいくのがメインになり、スムーズに着工まで進みます。
着工後も、工場である程度部材が加工されてくるので、竣工までの期間はさほど時間を要しません。
竣工までは早ければ半年も掛からない場合もあります。

違いがあるのはこういったポイントです。

それぞれの違いを説明してきましたが、工務店がのほうが良い、ハウスメーカーのほうがが良いということでは決してありません。

重要なのは、ご家族の価値観に合う選択、そして、どのポイントを重視するかということだと思います。

ぜひ、ご参考にして下さい。

サイエンスホーム名取
渡邊総建 創業の想い
失敗しない家づくりのコツ 家づくり講座

私達、渡邊総建は宮城・福島をメインに新築やリフォームをさせていただいている完全注文住宅の工務店です。

宮城県にある小規模な工務店ですが、大手のハウスメーカーやビルダーに負けないコストパフォーマンスと丁寧な施工をさせていただきます。
当社は、設計から建てた後のアフター管理まで一括で管理しておりますので、建てて終わりという事は一切ありません。
渡邊総建が安心した家づくりをさせていただきます。

【対応地域】

宮城県全域(仙台市各エリア(青葉区、宮城野区など各区)、名取市、岩沼市、塩釜市、石巻市、黒川郡、宮城郡利府町、宮城郡七ヶ浜町など)
福島県一部地域(詳細な対応エリアはお問い合わせ下さい。)

お問い合わせはこちらから

Copyright© 2013 watanabe souken co.,ltd. All Rights Reserved.