リフォーム得意です!!

2013-07-15

住まいの寿命を伸ばす水回りリフォーム。

渡邊総建のリフォームで最も多くご依頼頂いているのが、水回り特にお風呂の改修工事です。

しかし、仕上がりのイメージをするのがなかなか難しいところでもあります。

そこで今回は一例として、実際のリフォーム写真をご紹介させて頂きます。

タイル張りのお風呂をユニットバスに入れ替えた様子です。

 

まず、施工前の様子です。
タイル張り浴室施工前
床が大変冷たく冬場は、体への負担が大きいです。
またヒビの入ったタイルからは、少しずつ漏水し土台が腐る原因となります。

 

次に解体後の浴室の様子です。
浴室解体後
最近ではユニットバスにより、浴室サイズもかなり規格化されています。
ここで、入れたいユニットバスに合わせて浴室を作り直すこともあります。
それと大事なチェックポイントとして、土台の状態があります。
タイル張りの浴室の場合、多くのケースで土台に痛みがありました。
痛みがある箇所は、新しい木材に交換します。

 

ユニットバスの自体の組立はあっという間。
リフォームユニットバス
解体と、下準備が終わると、いよいよユニットバスが搬入されます。
ユニットバスの組立は、多くの場合一日かからずに完了します。
ピカピカのお風呂に変わり、とても気持ちよくご入浴して頂けそうです。

 

脱衣所の床・壁もキレイにします。
脱衣所側壁工事
ユニットバスの入れ替えを行う場合、入口扉の位置の都合上、入口の柱を移動することが多いです。
これにより、脱衣所側の壁も合わせて施工が必要になります。

 

ついでに洗面化粧台も変えました。
洗面化粧台リフォーム
ここまでやったら洗面化粧台も新しいのにして下さい。
と言うご要望が多いため、渡邊総建ではお風呂・洗面セットでのリフォーム計画を ご提案させて頂いく事が多いです。

 

因みに
リフォーム前洗濯機置き場
以前は、洗濯機置き場に洗濯機用の給水・排水設備が有りませんでした。
よって、給水も排水も浴室からホースを伸ばしている状態でした。

 

お風呂の入れ替えと同時なら
新規洗濯機置き場
洗濯機用の給水栓を立ち上げたり、排水管を増設することも難しいことではありません。

 

結びに

地震に対する豆知識として、『大地震の際は柱の多く立っている、浴室やトイレに逃げ込めば安全だ。』と言ったことを耳にすることがあります。

しかし、築年数の経過している住宅では浴室回りの土台が朽ちて、柱が揺れで抜けやすくなっている事があります。

一度ホゾが抜けてしまうと勝手に戻ることはありません。

羽アリを見かけたことの有るお宅や、浴室のタイルに亀裂が有るお宅は一度キチンとした耐震診断をされることをお勧め致します。

地震の多い日本だからこそ、地震で倒壊する住宅を無くしたい!!

株式会社渡邊総建は、木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)に加盟しています。

サイエンスホーム名取
渡邊総建 創業の想い
失敗しない家づくりのコツ 家づくり講座

私達、渡邊総建は宮城・福島をメインに新築やリフォームをさせていただいている完全注文住宅の工務店です。

宮城県にある小規模な工務店ですが、大手のハウスメーカーやビルダーに負けないコストパフォーマンスと丁寧な施工をさせていただきます。
当社は、設計から建てた後のアフター管理まで一括で管理しておりますので、建てて終わりという事は一切ありません。
渡邊総建が安心した家づくりをさせていただきます。

【対応地域】

宮城県全域(仙台市各エリア(青葉区、宮城野区など各区)、名取市、岩沼市、塩釜市、石巻市、黒川郡、宮城郡利府町、宮城郡七ヶ浜町など)
福島県一部地域(詳細な対応エリアはお問い合わせ下さい。)

お問い合わせはこちらから

Copyright© 2013 watanabe souken co.,ltd. All Rights Reserved.